中曽根康弘氏について

私にとって今年一番印象深い出来事は、中曾根康弘元総理大臣の訃報をテレビのニュースで見た時、突然「徳川家康だ!」という思いが、閃光のように脳裏で炸裂したことです。このようなことは初めてでなく、たまに時々あります。初めては二十年ほど前、四念処を初めて一年余り過ぎた頃、心が四禅に達した時、自分が被害者だと思っていた過去の出来事の原因であるカンマ・行為が、突然記憶に浮かんできました。

 

少し具体的に書くと、過去のタイ旅行中に三度スリに遭ったことがあり、その原因は、当然凡夫である私には分かりませんでしたが、なぜだろうという気持ちはありました。しかしその時(四禅にある時)突然、何の脈絡もなく、私がスリに遭ったのは、学生時代に母の財布から千円札を引き抜いたことの報いだと気づきました。ダンマの話風に言えば気づいたのではなく「見え」たのです。この世界にカンマの法則はあり、カンマの報いも本当にあると見えたことは、「世界の真実を見てしまった!」という衝撃であると同時に、世界は法則で動いているという深い納得と恐しさを感じました。

 

その後も時々何かのカンマとカンマの報いが繋がって見えること、つまり「残業の原因は、自分ですべき身の回りのことをしないこと」のように、結果である残業と、原因である生活習慣の因果関係が見えるようになり、十年ほど前から、誰かと誰かが繋がっている命に見えるようになりました。

 

初めて他人の過去世が見えたのは、テレビで朝青龍を見ている時に「この人は力道山だ」と見え、次に貴乃花双葉山山本直純モーツァルト、そして今回は中曾根康弘徳川家康です。

 

中曽根氏については選挙区くらいしか知らなかったので、ネットで調べて見ると、高崎市出身で旧制高崎中学を卒業後、静岡高校へ行き、それから東京帝国大学卒業とあります。高崎は徳川氏のルーツである世良田に近く、静岡は家康が生涯の多くを過ごした地です。

 

 父は上信鉄道の創業者、生家は材木商で、少年時代には、労働者が百五十人、住み込みの女中が二十人くらいいたそうで、つまりかなり裕福な家に生まれたということです。帝大卒業後は内務省に入り、その後将校として戦中を過ごし、二十九歳で衆議院に立候補して当選し、その時既に総理大臣を目指すと言っています。その後紆余曲折があり、六十五歳で総理大臣に就任しました。生まれが三週間くらいしか違わず、初当選も同期だった田中角栄氏は五十五歳で総理大臣になっているので、角栄氏より十年遅い天下取り(総理就任)です。

 

 徳川家康征夷大将軍になったのは六十歳なので、当時としてはかなり遅咲きで、二人とも大器晩成型の人です。「鳴かぬなら、鳴くまで待とう時鳥」と謳われる性質は中曾根氏にも見えるし、「風見鶏」と言われる柔軟さは、家康にも言えると思います。また家康はスペインと外交で遣欧船の建造をするほど外交が得意で、中曽根氏も外交が得意だったようです。

 

中曽根氏は若い頃「私の体の中には国家がある」と言い、晩年には「今も私の思いは国家にある」と言い、「暮れてなお、命の限り 蝉しぐれ」と詠み、常に国の行く末を案じていた家康と共通します。

 

このようなことを考えていたら、後日の関連ニュースで、レーガン大統領が来日した時、日の出山荘で二人が陣羽織を彷彿とさせるちゃんちゃんこを羽織ってほら貝を吹いている姿が映っていて、関ヶ原で法螺貝を吹いた記憶がまだ残っているのだと思いました。

 当時中曽根内閣は「田中曽根内閣」と言われたことがありましたが、その「田中角栄」は秀吉だと気づきました。田中元総理は農家に生まれ、類稀な世渡りの才能で総理大臣にまで上り詰め、目上に取り入るのが巧く、関わった人の心を掴んで人を動かすのが巧みで、政治家になる前は土木建築業で、その面を得意とし、大きなこと、豪華な物、贅沢が好き(成金趣味)だったようで、伝えられている秀吉の人物像そのものです。秀吉は一夜城など、土木建築が得意で、大きな権力に取り入られ、部下たちの心と掴むのが巧みでした。非常に母を愛したのも、糟糠の妻を大事にしたのも二人に共通します。

 

そして秀吉は「皆が見るとおり、予は醜い顔をしており、五体も貧弱だが」と語っていますが、角栄氏も背が低く、美男子には見えません。ルイス・フロイスは秀吉について「優秀な武将で戦闘に熟練していたが、気品に欠けていた」と書いているとWikipediaにあり、田中角栄氏も、総理大臣になっても土建屋のおっさんという雰囲気を感じました。

 

そして田中元総理は「今太閤」と呼ばれ、中曽根元総理は康弘という名で、家康の一字がついています。現存している肖像画の秀吉、家康も、田中角栄氏、中曽根康弘(八十歳過ぎの)氏に面差しが似ています。

 

豊臣秀吉徳川家康が、田中角栄元総理大臣と中曾根康弘元総理大臣なら、信長はいないのか。そう思って政界を見ると、「ぶっ壊す、ぶっ壊す」が口癖の荒々しい言葉と性格で、ハイカラな物好きな政治家がいます。信長の妹のお市の方は凄い美人と言われていますが、その政治家の元奥さんも美人で、息子の嫁も美人で、つまり代々美人を娶る家系らしく、代々美人を娶っていれば、当然その政治家の姉妹も美人だと推測できます。そしてその政治家は、教科書に載っている肖像画の信長と良く似ています。

その他の政治家も、私が良く知らないだけで、まだ良く見えないだけで、多くは歴史上の武将なのかもしれません。それについていろいろ思いを巡らせ、数日は興奮と満足で過ごしました。これは私にとって、今年の大きな出来事でした。